堆積学実験Iの概要

露頭観察を中心に,堆積学的な露頭観察の基本を学ぶ。特に,野外における地層観察とデータ収集の基本プロセスやデータ解析方法の基本事項について,野外実習をとおして学ぶ。

目的・目標

この実験は、地域における開発・保全・防災・環境などの問題に取り組むための地球科学に関連する幅広い多様な分野の知識を習得し,多様な現場における問題解決に応用できる基礎知識を身につけることを目的としている(JABEEの学習目標(G)に相当する)。特に,特に,(1)地層の識別方法(2)柱状図の作成方法(3)堆積相の認定方法(4)堆積環境の復元方法など,将来の資源開発,環境問題,保全などに応用できる基礎知識の修得を目標とする。

授業計画・授業内容

この実験は野外実習を中心に行う。主に3回の野外実習をとおして地層の解析方法の基礎を学ぶ

第1回 沿岸域で形成された地層の観察

第2回 浅海域で形成された地層の観察

第3回 深海域で形成された地層の観察

教室・日程など

授業シラバス


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-04-05 (月) 13:58:08 (3115d)