フィールド地球科学

地球の営みや地球環境の変動・変遷を明らかにしようとする地球科学では、その情報を得るために野外で調査・観測し、試料やデータを持ち帰る「フィールドワーク」がとても重要です。この講義では、フィールドワークの現場の様子(野外状況や調査・観測手法)とそこで得た実際のデータや試料、そして試料分析データを示しながら、それらから得られた情報が持つ意味を解説し、その解析から示されてきた地学現象の様態について解説します。

教科書的に語られる地学現象とそのメカニズムが、どのようなフィールドワークとそれにより得られた情報の解析によって得られてきているのかを具体的に知ることができ、地学現象の理解を深めることができます。

授業計画・授業内容

成瀬が担当する回は以下の内容を行う。

津波堆積物:堆積物から読み解く地震の記録

  • 過去の津波堆積物研究
    • 過去に津波が襲来した頻度を知る→津波災害のリスク予測・減災へ
  • 現在の津波堆積物研究
    • 津波堆積物の詳細な特徴を調べる→津波堆積物の確実な「鑑定法」を確立
  • 未来の津波堆積物研究
    • 津波堆積物が形成される様子を理論的に求めたい
    • 津波堆積物の特徴から過去の津波の「規模」や「流速」がわかるだろうか?

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-04 (月) 17:28:29 (955d)